毎日眠い

転職しました

外注さんに強く言わない(言えない)悲壮感

   

アフィリエイト8年目(くらい)にしてやってきた、この「共感してくれる友達が欲しい」感はなに?(笑。

こんな感情をいだいていることに気がついちゃいましたよ。

昔のように淡々と作業をすればいいじゃない。(自分に言い聞かせる)

くりかのこさんに頂いたコメントの返信に乗っからせていただきます。

私の核はなんなんだ一体

私も佐々木さんに影響されて、外注に挑戦しようとしましたが、ココナラで出品者さんとやりとりするだけで消耗しましたので(気分を害してないかとか、気になって気になって仕方なのです)やめときます。
外注できることそれ自体が能力だと思います。

これ、すごく分かります。私も消耗します。外注さんに記事を依頼してますが、なにかにビクビクしてます。なににビクビクしてるのか、分からないです。

社長である友人は「金払ってるんだから外注に何を言ったっていいんだよ。こっちは金払ってるんだぜっ!?」と、かなり強気です。

私はダメです。できないです。強く出れないです。自分でもどっちが客か分からなくなります。やってくれるかどうかビクビクしてます。もしかしたら、社長肌ではないかもしれないですね。

ココナラはたくさん利用してきました。ベビーユーザーの部類に入ると思います。色々な方に依頼しました。

で、はじめて画像を作ってもらったとき、3名の方に同じお題でお願いしました。で、ある方が作ってくれた画像を採用して、以降はその方に画像を作ってもらってます。

ようは、「あーして、こうして」、って言えないのです。

3名に同時に「○○を作ってください。」とだけ依頼して、やり取りをほとんどせず、1名の方は私が求めていたものにドンピシャで作ってくれたので、採用しました。

これ、そもそも失礼な話ですかね(汗。

ココナラを利用して記事を書いて頂きましたが、これも、ほとんど要望は出さず、「○○のテーマで記事を書いてください」とだけお願いして、ダメだったら他の方、、と思っていたら、ドンピシャだったわけです。

内容、文章力、そしてこちらの言葉に出さない希望、どれもバッチリでした。

もうね、今思うに、私が記事を外注化できたことは奇跡。

そういえば、過去にココナラを利用してSEO診断を何度もして、回想をこのブログで何度かネタにさせてもらってますが、SEO診断も何名かの方に依頼して、的確だった方にしつこく依頼しました。

ランサーズは記事を書いてもらってるところです。

どんな記事が上がってくるかはまだ分からないです。

こちらも要望を出さなかったですが、さすがはフリーライターさん、どんな記事を書けばいいのか、事前に根掘り葉掘り聞かれました。(聞き方もうまい)(価格も高め)

答えた通りのものが上がってくれば、間違いないはずです。

気にしたことがなかったけど、お金を払ってるのに、「○○してください」と強く言えないから、何人かに依頼して、希望にドンピシャだった一人を選択する、そしてその人にしつこく依頼する、私はこんなやり方。

友人の「こっちは金払ってるんだから」は一里も二里もあると思う。

でもねぇ、私は言えないんですよ。

言えないのってどうなんだろう。ね。

ココナラを利用して外注さんにやってもらってまーす、的な感じで書いてきましたが、実は悲壮感。

誰か共感して。

 - サラリーマンの副業日記